家族向きのマンション

マンションの築年数に注目

中古マンションの経済性

新築物件の購入には高額な出費が伴いますが、中古物件であれば経済的な負担を少なくして購入することが可能です。経済的な中古マンションとはいっても、築年数によって販売価格が大きく変わってきます。家族で生活する場として購入する場合は、間取りや広さも重要ですが長く住んでいけるかどうかがポイントになってきます。中古マンションの販売価格は、立地条件など新築物件と同じように価格に影響しますが、築年数が新しいほど高くなりますので新築物件との経済性の比較が必要です。経過年数が10年程度までの物件は新築と差が少ない物件が多いため、それ以上の経過年数で探すのが経済性を高めるポイントとなります

マンション選びの重要な要因

マンションを選ぶ際のポイントの1つは家族構成です。家族構成によって必要とされる間取りが変わってきますし、立地条件も変わってきます。たとえば、子どもがいる場合は子ども部屋が必要になってきますし、学校からの距離も考えなければなりません。また、築年数もマンション選びに重要な要素です。築年数が新しいものと古いものとでは、快適さが大きく違います。新築物件を見つけることができれば、多少家賃が高くても満足度は非常に高いものです。誰も住んだことがない部屋に住むことができるわけですから、前住人が生活していたという名残もありません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 家族に合ったマンションを All rights reserved