マンションの間取り

家族に合ったマンションを

間取りから考えるマンション選び

マンションに住む際は、家族構成を考えて間取りをどうするかいろいろ考えると思います。最近の家族向けのマンションでは3LDKや2LDKの作りが多くなっています。子供が1人の場合、また子供が2人以上でも年齢が低い間は2LDKでも十分ですが、子供が2人以上で将来的にもずっと居住するとなると、将来別々の部屋を希望する場合もありますので3LDK以上が望ましいです。また部屋のうち1つはリビングと隣接している間取りも多いのですが、プライバシーに配慮できるようにしっかり仕切ることができるタイプを選ぶほうがよいです。

家族構成を意識した間取り選び

マンションというのは、一戸建てと違って2階がないことが多いですから、プライベートな空間を確保しづらいという問題点があります。ですから、物件選びの際には、できるだけプライベートな空間を確保できる間取りを選ぶようにすると、暮らしやすくなるものです。なお、家族でマンションに暮らす場合には、子ども部屋のことを意識しておきたいところです。夫婦のスペースとしては寝室を活用し、2人子どもがいれば、それぞれに個室を与えると考えたら、4LDKぐらいはほしいところです。相部屋ということであれば、そこまで広い間取りでなくても対応できることでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 家族に合ったマンションを All rights reserved